サイトへ戻る

入道雲 - Thunder head

· Creative Notes

Camp on a small meadow in the woods of the plateau. In the blue sky right after the rainy season, a gigantic cumulonimbus sits, and when the sun goes down, a marvelous star night will welcome you.

Hello, Thank you for watching! This is mivjm :) I’m gonna talk about this improvised world. If you want to concentrate only on music or video, please turn off subtitles. So let's start with the title and theme. “愛逢月 (Original title)” refers to July and is read as “Medeaizuki”. And the main theme of the 4th song is “Cumulonimbus”. The strange enormousness of a cumulonimbus that swells in the blue sky of early summer is trying to conceal this small grassland in the middle of the forest. High mountains that surround forest bite back teeth and try to lift the white giant and throw it away to the sky, but a cumulonimbus is shaking only and will be not moving at all. Long rainy season finally dawns and hot summer begins again this year. However, this grassland is surrounded forest of the plateau, so I will want to camp for more days even in the cool and magnificent scenery. When the sun goes down, instead of a cumulonimbus that melts and disappeared, stars draw constellations by shining tails. When I lie down and stare at constellations that have begun to shine, my body float and float little by little ... flight and flight like a wild bird ... But that's ... I feel gratefulness that it is the hospitality of the new moon. The sweet scent of the grass that tickles the nose gently wakes up me from the consciousness of falling asleep, so calling out to sleep in my tent. I agreed that “ah, got it” and wrap my body with a sleeping bag in my tent slowly while feeling light rain on my cool skin. Then I fell asleep deep and quiet.

Recorded at Kimitsu Shimin Bunka Hall on 12.July.'19

(C) (P) 2019 Masashi Motokado, CC0

高原の森の中にある小さな草原でキャンプ。梅雨明け直後の青空には巨大な入道雲がずっしり座り、陽が暮れると満天の星々がおもてなししてくれる。

こんにちは、mivjmです^^ご覧くださり有難うございます。この即興で描いた世界についてこれからお話します。音楽や映像だけに集中したい方は字幕表示をオフにしてくださいますよう、よろしくお願いします。それではまず曲名と主題についてから。『愛逢月』は7月を指し「めであいづき」と読みます。そして第4曲の主題は「入道雲」。初夏の青空にモクモクと膨らむ入道雲の異様な巨大さは、森の真ん中にある小さな草原を今にも覆い尽くしてしまいそうです。森をぐるりと囲う高い山々が奥歯を噛み締めて白い巨人を持ち上げ空の彼方へ投げ飛ばそうと試みるのですが、でっぷりと腰を下ろす入道雲はプニプニたわむだけで微動だにしません。長く湿った梅雨がようやく明けて今年も暑い夏が始まります。ところがこの草原は高原の森の中にあるので、とっても涼しく雄大な景色にも抱かれ何日だってキャンプしていたくなります。陽が暮れると更に美しくすっかり溶けて消えた入道雲に代わり、全天周囲に広がる満天の星々が光る尾を紡ぎ星座を描いてゆきます。方々で輝き始めた星座達をこうして寝そべってただ見つめていると、少しづつ身体が浮かんで浮かんで…野鳥のような飛翔を繰り返し…でもそれはひょっとして…新月に身を隠したお月様が施したおもてなしなのではないか、と嬉しくありがたく思えてきます。鼻をくすぐる草原の甘い香りが寝落ちしそうな意識を優しく起こし、テントに入って眠るよう声をかけてくれました。「あぁそうだなぁ」と同感した私は、ひんやりする肌に小雨を感じながら千鳥足でテントへ潜り、温かいシュラフに包まって深く静かな眠りについたのでした。

'19/7/12 君津市民文化ホールにて収録

(C) (P) 2019 Masashi Motokado, CC0

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。