· Creative Notes

Venus appeared in the dusk sung a melody “I found the first star...”. Then she plays chords impressed by the sky that gradate between orange and indigo.

Hello, Thank you for watching! This is mivjm :) I’m gonna talk about this improvised world. If you want to concentrate only on music or video, please turn off subtitles. So let's start with the title and theme. “寝覚月 (Original title)” refers to September and is read as “Nezamezuki”. And the main theme of the 2nd song is “The first star”. Venus appeared in the dusk sung a melody “I found the first star...”. Tonight is still so far away. And it seems that only this clear sky gradate between orange and indigo is all about the world. Her silky voice that echoing here and there gently wraped me up like the orange veil. Then some bell crickets began to sing the song “ting-a-ling”. The faint waves of leaves and even the warm winds that blows up from the bottom of the valley were amazed by the mysterious Venus fascinating. The moon is gradually shining in this clear sky, is illuminating our living tonight again above the cirrus clouds that bell crickets draw over and over. "Mya" came from somewhere in this daytime and took shelter under my tarp. Did you slept already fallen asleep? Because You're a friendly, perhaps jumped onto the bed of an uncle who lives in a mountain hut. " Guru Guru... Momi Momi... As it is... Suya Suya..." I guess You dropped the chin and are traveling in your dream.

Recorded at Premiere Shisui Hall on 20.September.’19

(C) (P) 2019 Masashi Motokado, CC0

夕闇にポツンと現われた金星が「いちばんぼしみつけた」と簡素に唄う。そして橙から藍へと蕩ける空色を、和音で奏でるのです。

こんにちは、mivjmです^^ご覧くださり有難うございます。この即興で描いた世界についてこれからお話します。音楽や映像だけに集中したい方は字幕表示をオフにしてくださいますよう、よろしくお願いします。それではまず曲名と主題についてから。『寝覚月』は9月を指し「ねざめづき」と読みます。そして第2曲の主題は「一番星」。夕闇にポツンと現れた宵の明星が淑やかに「いちばんぼしみつけた」と唄います。まだ夜は遠く、橙から藍へと蕩けゆく澄み切ったこの空だけがこの世のすべてではないかと思える程、彼女の唄声はまさしくシルク。橙色のベールでそっと私を包み込むのです。その清らかさに導かれるスズムシ達。「リーンリーンリーン」と鳴き始めました。葉の擦れる淡い波音や谷底から吹き上げるまだ温かい風さえも、神秘的な金星の魅力には息をのみうっとりとしてしまう。そんな夕暮れの中徐々に姿を見せているのが、上空で和やかに浮かぶ輝かしきお月様。スズムシ達が重ね重ね唄い描く巻雲の向こう側で、私達の営みを今夜もまた優しく照らしています。昼間どこからかやってきてタープの下で丸くなって、一緒に雨宿りをした「ミャー」はもう眠ってしまったでしょうか。人懐っこいミャーのことだから、山小屋で暮らすおじさんの寝床にピョンッと飛び乗って、ゴロゴロ…モミモミ…そのまま…スヤスヤ…コクンと顎を落としたかな。

’19/9/20 プリミエール酒々井文化ホールにて収録

(C) (P) 2019 Masashi Motokado, CC0

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。