サイトへ戻る

展覧会の絵

Pictures at an Exhibition

· Music Video

ムソルグスキーの傑作。即興で奏でる音楽はいつも絵画のような風合い。現と幻を行きつ戻りつし、コアを浮き彫りにしてゆく。1874年にピアノ組曲として作曲されたが、後年のラヴェル編管弦楽版がより著名。友人画家の遺作展で感銘を受けた「10枚の絵」を軸に、自身を表す「序曲」を挟み、全体構成されている。

赤穂市在住のドラマー/作曲家、松尾哲治さんとのリモート共演。開催延期となった芦屋ジャズフェスさんがYoutubeチャンネルで催したバーチャルフェスへの、動画投稿参加がその目的。2月19日に苫小牧のホールで収録した動画と収録機材一式を先方へ送り、彼がスタジオで一人でオーバーダビングしました。

実は、4年前のNATURALでお世話になったマスタリング・エンジニアさんから紹介を受け、共演の機会を三度設けたのですが全て逸していたので、出来栄えに好評を得た夜は一層嬉しく、関係者一同も喜んでくださり、幸せでした。

Mussorgsky's masterpiece. Improvised music always has a painting-like texture. Going back and forth between the present and the illusion, the core is highlighted. It was composed as a piano suite in 1874, but later Ravel's orchestra version is more prominent. The whole composition is created about the "10 paintings" at the exhibition of the works of his friend artist, and an "overture" that represents his walking scene.

Remotely co-starred with Tetsuji Matsuo, a drummer / composer living in Ako City. The purpose was to participate in the video posting to the virtual festival held on the Youtube channel by Ashiya Jazz Festival, which was postponed. I sent the video that recorded in Tomakomai on February 19th and my set of equipment for recording, therefore he over dubbing on it alone in the studio.

By the way, We met on introduce by a mastering engineer who supported in "NATURAL" four years ago, and we set up three opportunities to co-star but missed all of them. So I was even happier on the night when this work had well received. And Everyone involved was pleased too.

Thanks a lot!! Ashiya Jazz Festival!! Good luck!!

心に届けよう音楽のちから - Stay Safe!! Stay Creative!!

mivjm - Impromptu Piano

ピアノ:YAMAHA CF - 苫小牧市文化会館ホール - 2020.02.19

松尾 哲治 - ドラマー、作曲家

ドラム:Pearl Masters - スタジオ246 WEST - 2020.09.19

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。